長期優良住宅とは

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である「長期優良住宅」について、その建築及び維持保全に関する計画を認定する制度の創設を柱とする「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月に公布され、平成21年6月4日に施行されました。この法律では、長期優良住宅の普及の促進のため、構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性の性能を有し、かつ、良好な景観の形成に配慮した居住環境や一定の住戸面積を有する住宅の建築計画及び一定の維持保全計画を策定して、所管行政庁に申請します。  当該計画の認定を受けた住宅については、認定長期優良住宅建築等計画に基づき、建築及び維持保全を行うことになります。

認定基準 認定条件 大上住宅の対応
劣化対策
最高等級3
当社では、劣化を防ぐために外壁は通気工法を採用し、床下の換気、小屋裏の換気、床下の人通口等必要な措置をとってまいります。
耐震性
等級2以上
最高等級である等級3(数百年に一度程度発生する地震による力の1.5倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度)
維持管理・更新の容易性
最高等級3
配管点検口の設置や排水管の清掃やメンテナンスを容易にするために措置が行われています。
省エネルギー性
最高等級4
?吹付断熱材・樹脂サッシ・遮熱Low-Eペアガラス・デュポンタイベック等とことんこだわりました。
可変性 一定程度の間取りの変更が可能であること? ライフスタイルの変化に応じて間取りの変更がしやすい造りです。
維持保全計画 将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること 大事な家を当社と二人三脚で保全していきましょう。